Fate/Lurk Oblivious 1

シリーズ:Fate

著者:もりむらひろさと イラスト:マシマサキ

「始めるとしよう――鎖された聖杯戦争を」
 かつて冬木から聖杯を強奪したダーニック・プレストーン・ユグドミレニアの手により、ルーマニアでは前代未聞の大規模な聖杯戦争——聖杯大戦が行われようとしていた。
 ――時を同じくして、もう一つの聖杯戦争が動き出す。
 太平洋上に現れた謎の楼閣。遥か天上に坐する二人の魔術師。そして、未知のサーヴァント。
 その渦に飲み込まれるようにして集まる五人の参加者。
 恋する超能力者、『言葉』を操る魔術使い、霊脈の調律師。イレギュラーばかりが集うのは何の因果か、それとも策略か。
 魔術協会、聖堂教会ですらも手を出すことのできない、鎖された聖杯戦争が静かに幕を開ける――

初出:コミックマーケット90